論文の書き方を学ぶ| 難易度の高い医学部受験は個別指導で重点的に学習することがポイント

難易度の高い医学部受験は個別指導で重点的に学習することがポイント

論文の書き方を学ぶ

作文用紙

受験や就職で大切

小論文は、受験や就職試験のときによく出題される問題です。あるテーマが与えられて、それに対して自由に短い論文を即興で書き上げる、というもので、物事を論理的に考えることが出来る力や、文章構成の力、正しい日本語が使えているかどうか、などを見るテストです。小論文は、通常の問題と違い明確な答えがないテストなので、初見で見たときには戸惑って上手く書けない、ということが多くあります。そのため、受験や就職試験を控えている際には、ある程度対策をして、小論文を書くことに慣れておく必要があります。小論文の対策をするためには、通信講座などが有効です。家にいながら、専門の講師に添削をしてもらえるので、有効な対策方法となります。

ポイント

小論文を書くときの一番のコツは、何を言いたいのかということを明確にすることです。例えば日本の政治について論じているとき、日本の政治はダメだ、日本の政治は素晴らしい、など二つの対局した結論が出てしまうと、あやふやな文章になってしまいます。テーマを見たときに、日本の政治は素晴らしい、というテーマで書こう、とまず決め手しまい、それから文章を考えるようにすると、スムーズに書くことが出来ます。また、文章構成を単純に分かりやすくする、ということも大切です。文章を書いていくうちに、結局今何を伝えているのか、という部分が自分で分からなくなってしまい、ごちゃごちゃした文章になってしまうことがあります。そのため、例えば、結論、具体的な例、結論、といったように、文章の構成を単純にして、自分で整理しながら書くことがおすすめです。